STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 私のペ二スは、竿の三分の二ほどを飲み込まれたところで、幸一の直腸の壁に突き当たったようだった。四年生にしては大柄といっても、この体格なら全部は無理か。私はつっかえてから、少し腰を引いて、勢いをつけてペニスをぐっと押し込んだ。少し曲がったペニスがより奥まで入るが、やはりつかえる。幸一は「う、あ!」とうめき、こちらに手を伸ばしてきて、「痛い、痛いよ」と掠れた高い声で訴えてきた。
 私は意地悪くその訴えを黙殺し、また腰を引いて、どんとペニスを押し込む。それをゆっくり繰り返した。「くうっ」と苦しげな声を幸一は漏らす。苦しくて言葉も出ないか。私の興奮は高まった。幸一はこちらに手を伸ばしたり、ベッドを叩いたりもした。苦しそうだ。でもお前が選んだんだ。途中ではやめられないよ幸一。辛抱すれば痛いだけじゃなくなる。お前ならね。
 私はピストン運動に変化をつけた。大きく、抜ける寸前まで引いて押す。押し込んだ状態でさらに内奥にねじ込む。小刻みに速い動きに変えていく。
 幸一は私に「やめて」と訴えるのをあきらめ、手を下ろした。それでも時々苦悶にうめいた。私が全体に腰の動きを速めていくと、幸一は、「ア、ア」と高い声を漏らし、いつの間にかしゃくり上げ、涙を流していた。幸一は足を抱えていた右手も離して、両腕で顔を覆った。泣いているのを見られるのは嫌なんだろう。男の子らしい。そしてそれでも幸一は、もうやめて、も、嫌だ、も言わない。私は泣き顔を隠し苦痛を耐えしのぶ幸一の姿に、しばらくぶりの嵩ぶりを覚えていた。私のような男とて、こんな機会はそうそうない。おあつらえ向けの落としやすい少年に出会えるかどうかもあるし、会えても、いわゆる「旬」は短いものだしね。

77
最初 前へ 74757677787980 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ