STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 私はさらに笑顔になった。多少は恐がって、なおかつ私を受け入れてほしいのだ。幸一はすぐには答えられないようだ。どっちみち未知の体験だからな。
「どっちみち両方やるけどね」
 と私はこともなげに言った。幸一の表情が一瞬こわばったように思えた。夜は長いんだよ幸一。時間のある限り、互いの体力が続く限り、そしてお前が受け入れる限り、私は、私たちは禁じられた行為に耽るのだ。最初からそのつもりだった。ただお前はどこまで受け入れるか、選べるんだよ。私は暴力や強要を使っていない。そんなもの必要ないよね幸一。私に任せておけばきっと幸せになれる。
「先に見える方でやろうか。一度見ればどういう具合になってるか、見えなくてもわかるしね」
 と私は軽い口調で言った。命令してはいない。違うことを選びたかったら選んでいいよ幸一。
 私はそれだけ頭の中で語ると、すぐに挿入の準備に入った。
 仰向けの幸一の腰の下に、枕を挟んで尻の位置を高くした。片足は幸一に抱えさせたままだ。もう一方を私が幸一のからだの側に押す。膝立ちになり、じりじりと幸一の大きく開いた股の間に寄り、アナルにペニスの先を当てた。入り口はぬるっとして、少し熱いくらいだ。ローションに濡れた襞の肉は熟れた果実みたいだ。幸一の視線は私の下腹部あたりに注がれている。「見える方」とは言ったが、姿勢から言って接合部そのものは見えないだろう。
 ペニスを押し込むと、じわじわ関門が拡がっていく。飲み込んだ二本指があれだけ暴れても大丈夫だったのだから、これで切れたりはしない。が、指の刺激により炎症になって、過敏になっている可能性もないではない。私はかたくなり反ったペニスが飛び出さないよう、右手で下に押さえ、左手指で先端を穴に合わせて、なお押し込んでいく。
75
最初 前へ 72737475767778 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ