STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
「自分でおちんちん、いじっていいぞ」
 と私は言った。幸一はすぐに、手を股間に伸ばす。その手にローションを流してやった。左手は足を抱えているので、右手で包皮を剥いた状態の性器をつまんだ。幸一はローションを亀頭に塗り伸ばし、その上部、彼の快感のスポットらしき部分を、親指の腹で押したり、こすったり、揉んだりした。幸一は首を左右に振り、噛みしめた唇から「ん」「ん」と声を漏らした。私は二本指のピストン運動を素速くし、アナル内奥で大きく曲げた。それでも幸一はペニスへの刺激の快感に身を委ね、苦痛など表現しない。幸一は次々に新しいことを吸収する優秀な生徒だ。

「さあ」
 私は指を抜いた。べとべとのアナルは、ゆっくりと収縮して簡単には閉じなかった。幸一は目を開きペニスをいじる手を止めた。幸一の上半身あたりのローションは乾いてぱりぱりの薄い皮みたいになり、アナルから尻の周辺、ペニスとその周辺は、粘度の増したローションでぬるぬるだった。
「入れてやるからな」
 私は新にローションを、一杯に勃起した性器全体にまぶした。
「幸一は見える方がいい? 見えない方がいい?」
 私が訊くと、幸一は「よくわからない」という顔をした。私は顔に笑みを浮かべる。
「このままやればおじさんのが幸一の中に入るのが幸一にもよく見える。うつぶせか四つん這いになれば、見えない。見えないから恐くないか、見える方がどうなってるかわかって恐くないないか、だね」
74
最初 前へ 71727374757677 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ