STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一は大きく息をしてからだから力を抜こうとする。指示なしに。賢い子だな幸一。私はリラックスを促すべく左手で彼の腕をさすってやる。二本の指をさらに深く、押し込んでいく。幸一は股間を見るのをやめ、目を閉じて頭を落としたようだ。指を根本まで押し込めば、束ねた先端と違ってけっこうな径に、アナルは押し拡げられる。指を動かせばぐちゅぐちゅと音がした。ローションがアナル内部から周辺に、たっぷりと注がれていたから。
 私は根本まで押し込んだ指をひねり、抜ける寸前まで引いたり、押し込んだりする。アナルのしわの押し込まれまた戻る様、様々な変形や収縮が淫らだ。幸一は鼻から「ふ」と短い息を漏らしたり、時には「イ」と痛いと言いそうになったりする。その度にきゅっと全身に力が入りアナルの締めつけが強まる。その時は痛いだけでなく無理がかかっていて切れて出血などもこわい。そんな状態で犯すのも乙かもしれないが、それは行きずりの子にやることだ。ここは丁寧に、じっくり、優しくやる。強い反応と緊張の度に私は手を止め、からだをさすってやったりして、リラックスを促した。
 幸一は少しずつ慣れていった。アナルは柔らかいものだし、ローションと慣らす指でもっと柔らかくなる。時間をかければ思いがけないほど拡がるのだ。ついでに感覚も鋭敏になるとか。幸一は同じような二本指レベルの刺激では、痛がらなくなってきた。彼自身の性器は、微妙にふくらんでいるくらい。
73
最初 前へ 70717273747576 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ