STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 私は優しげに微笑んで頑張りを讃え、幸一に覆いかぶさって頬を撫で、ローションを左手にとって、その手で少し萎えかけていた幸一のペニスを握った。少しかたさが戻ったところで、手のひらで押しつぶすように腹部に押しつけ、ぐりぐりと刺激した。幸一は目を閉じからだを弛緩させ、もっともっとと求めている。包皮の剥けた亀頭を、かなり強くすり潰すように指でいじった。幸一はからだを左右にひねり、強く目を閉じたまま「ああ、ああ!」と声を出す。快感が痛みを凌駕したか。私は並行してアナルの中の指をぐるぐる回し、曲げ、引き抜いて、また押し込む。幸一は「か、は」と声にならない声を出し、全身を突っぱらせ、戦慄し、「あ」と声を漏らして全身を弛緩させた。性器からも力が抜けていく。分泌物はカウパーだけだ。
「イッたのか幸一……」
 私が静かに問うと、幸一は薄目を開けてうなずいた。精通のない彼は、何度でも絶頂を迎えられる。果てしない夜を味わわせてやろう。私は幸一に覆いかぶさり、頭を撫で頬をさすってやった。お前の淫らさを讃えてやる。幸一はまたぐったりと頭をシーツに落とした。

 私は指をアナルから抜き、中指と人差し指を揃えてローションをたっぷりとまぶした。その二本指を重ね、幸一のアナルに当てがって、ぐいと押し込んだ。
「くっ!」
 と幸一は声を漏らし、全身に力を込め突っ張らせる。足の指先までぴんと伸びる。締めつけはなかなかきつく、後の期待も高まる。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ