STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一の背中から右手を離して、股の間に入れる。幸一の左足をぐっと押して、彼の手につかませ、胸のところで左足を抱える姿勢にさせる。ローションをたっぷりと補填した私の手は幸一の臀部に戻り、いよいよ中指を、幸一のアナルに侵入させる。ごくごく、スムーズにそれは飲み込まれたが、幸一のからだにきゅっと力が入り、指も締めつけられた。多少痛みか異物感があったのだろう。大丈夫だ、すぐに慣れる。慣れさせてやる。
 幸一は煌々と明るい部屋で恥ずかしさからほとんど目を閉じていたのだが、今目を見開いて首をちょっと持ち上げてこっちを見ていた。その彼と目が合った。
 私は幸一のからだを離し、寝かせ、またからだ中に、左のてのひらでローションを塗り拡げた。水性のローションは、短時間で乾いてべとつき、やがてぱりぱりになる。幸一はカエルみたいな大きく足を開いた姿勢で、片足は自分で抱えている。アナルには私の右手の中指が半分以上入っていた。私はその指をくいっ、くいっと左右に、ドライバーのようにひねった。
「イッ!」
幸一は声を出し、空いていた右手をぱっと伸ばしてきた。私はいったん指の動きを止めた。しかし、こんなところで中断するはずがない。
「我慢だ。からだの力を抜かないと気持ちよくならないぞ」
 私は静かに言い、指を根本まで一気に押し込んだ。幸一は健気に声を出すのをこらえ、ぎゅっと身を捩って痛みにたえた。
71
最初 前へ 68697071727374 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ