STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 新たにたくさんのローションを両手に取り、その手を幸一の性器に近づけるが、まだ触れてやらない。陰嚢を握り、それから足を開かせ、尻の肉を握り、さすり、双丘の間をぬるぬるにして、アナルの襞を指でこすった。幸一はからだをぞくっとさせて反応する。さらにアナルの襞をぎゅっぎゅっと押したりして、幸一の尻のふくらみやや肛門やその周辺も全部、ぬるぬるにした。それから私は幸一の背中に手を回し、ローションまみれのそのからだをがっちりと抱きしめた。幸一の体温は熱い。私の性器はすでに目一杯勃起しており、幸一の腹部に食い込むように、私と幸一のからだに挟まれ、動く度にあちこちに向いた。私のからだも性器も、ぬるぬるになっていく。幸一の側からも、私の首に手を回して抱きついて、彼からもからだをこすりつけてきた。腰を使い、自らの性器に快感を与えようとしている。淫らでいい子だ、幸一。幸一の顔は今本当に間近にある。その淫らな表情が私を嵩ぶらせる。時々幸一が唇を噛みしめて「あっ、うっ」と声を出してるのは、私が興奮のあまり幸一の背に強く指を食い込ませたからか、あるいは快感のためか。苦痛と快楽の声は、よく似ていて、時に区別がつかない。

70
最初 前へ 67686970717273 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ