STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 寝室のベッドに、幸一を大の字にゆったり寝かせると、私はサイドデスクの引き出しからローションの大型ボトルを取り出した。
「お尻に入れる前にからだをあっためてやるよ。新しい気持ちいいことをしてやるからな」
 私は言って、右手にローションをたっぷりととった。そしてその手で幸一の性器を包むように握った。幸一はからだをびくっとさせた。
 ぬるぬるの手指で、戻っていた幸一の包皮を剥き、敏感すぎてさっきは痛がった部分に触れ、じわじわと力を込めてこする。幸一の性器はあっという間に目一杯勃起した。痛みよりも明らかに快感が勝るようで、幸一はからだのあちこちに代わる代わる力を入れてひねり、「アア! アア!」と声を出した。満腹から来る眠気も、すぐに飛んでしまったらしいな。
「どうだ気持ちいいか?」って訊いてやると、幸一は何度も首を縦に振り、また「気持ちい……」と高く掠れた声を上げた。恥ずかしがらずによく言えたな。もっと気持ちよくしてやるからな。

 幸一は喘ぎ、からだをひねり、ほとんど理性などなくして激しく反応を続けた。このままあまり続けると惰性になるか、疲労がきてしまう。夜は長い。私は幼い性器への刺激をいったん中断した。
 今度は幸一のすべすべの胸にローションをたっぷりと流し、それを塗り拡げた。上半身全体がぬるぬるになった幸一のからだに、ピアノを弾くように指を立て、指の腹を使って乳首からへそへ、わきの下から腰へと、引っかくように刺激した。ローションがなければ痛いほどの強さで、胸には赤い痕が残り、柔らかい腹部には指が食い込んだ。私は縦横に走る指の動きを速くする。快楽かくすぐったさか、幸一は荒い息を吐きながら身を捩った。幸一の熱っぽい目線は、一番気持ちのいいところの刺激の、続きを求めていると思う。そのために私は、ペニスへの刺激を一度中断したのだから。
 もう少しじらしてやる。時間はたっぷりある。私はぬるぬるの指で幸一の腕を強くつかみ、わきの下に親指を食い込ませた。ローションはところどころ乾きつつも、胸と腹部だけでなくそこら中をぬるぬるにした。
69
最初 前へ 66676869707172 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ