STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 風呂を上がり、私は幸一に提案して、裸のままで食事することにした。二人だけの空間だからできることだ。

 カレーのできばえも計算通り(料理は科学だとか誰か言っていたな)で、幸一は大喜びだった。これまでの行為とこれからの行為に対して、今この当たり前の少年らしさがよい。
 幸一はカレーをおかわりして、少しふくらんだ腹部を剥き出し(全裸なのだが)にして、絨毯の上に寝転んだ。うっとりしたような、眠気もさしたような表情だ。
 眠らせるわけにはいかない。私も裸で、幸一の横に寝転んだ。幸一はからだをころんと横にして、私の腕にすがりつくので、私もからだを横にして幸一を抱きよせた。頬をさすり、腹部を揉み、尻の肉を握る。額に軽くキスする。幸一も私の胸にキスしたり、腕をさすり背中に手を回したりした。

 しばらくそんなペッティング行為を楽しんだあと、私はさっと立ち、
「片づけてしまおう」
 と元気よく言った。

 幸一も立ち上がり、洗いものなどを二人で手早く済ませた。そうこうしているうちに「お尻を使ったセックス」への幸一の不安も、少しとけてきた感じがした。一時的な逃避かもしれないがね。

  †

68
最初 前へ 65666768697071 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ