STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
「でもね、おちんちんの、皮の中になってたところだって、最初ちょっと触っただけでも痛かっただろ?」
「……うん」
「だんだん痛さが消えて気持ちよくなる。裂けたりはしないよ。そこはおじさんに任せておけ」
 と言って私は幸一の尻を軽くぺしゃっと叩く。
「お尻の穴も気持ちよくなるの?」
 幸一はまた頭をひねってこちらを見、訊いてくる。
「当然、女の人の前の穴とは違う感じだろうけど、なるよ。気持ちよくなる。女の人でも、わざわざお尻でセックスする人、いるくらいなんだから」
 幸一の表情に少し安堵が浮かんだ。すでに十二分に異常な世界に引き込まれている自覚が、彼にどのくらいあるだろう。アナルの快感については、私自身はウケに回ったこともなく、直接の性交渉の相手からの伝聞でしかない。ましてや性交渉の経験もなく、前立腺もないはずの女性のアナルの快感についてなど、全くわからない。

 私はシャワーノズルのヘッドをはずして、ホースだけにしてネジの部分を握り込んで持った。もちろんネジ山で幸一のアナルを傷つけないだめのやり方だ。その拳を幸一のアナルにぐっと押し当てた。幸一の背中にきゅっと力が入った。
「お尻の中を洗うよ。お湯がお尻の中に入ってくるからね。じっとしてるんだよ。動くとすき間からお湯が漏れてしまう」
 幸一は腕の間に頭を埋めてうなずく。
 ぬるま湯になるよう温度調節をして、カランをひねり幸一の直腸に湯を注ぐ。幸一はぶるっと震え、私の拳がより強くアナルに押しつけられるのを感じて、力んで動かないように努力しているようだった。腕と腕の間に頭を入れ、少し背を丸めて、全身に力を入れている……。
 幸一の口から高いくぐもった短い声が漏れた。そして、
「おじさん……お腹苦しい……」
 と本当に苦しげな小さな声で私に訴えた。私は握り拳をぱっと幸一の尻からはなしてやる。幸一のアナルからびゅっとぬるい湯が噴き出し、それからちょろっと流れた。ほとんど異物の混じらないきれいな湯だ。異臭もない。浣腸は必要ないな。後日の機会にとっておこう。私は一応、親指でホースの先を押さえて、勢いよく拡がる湯で床を洗い流した。
66
最初 前へ 63646566676869 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ