STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第6章 5
 幸一はお通じは順調な方らしかった(メンタルのある面をのぞき、健康そのものともいえる)が、もし便がたまっていて、直腸に下りていたらアナルセックスはやりづらい。一晩あるのにそれに「挑戦」しないことはあり得なかった。どんなに痛がってもじっくり時間をかけてやってやるつもりだった。幸一には自宅はあっても本当の意味での逃げ場はない。もし便がたまっていたら、ここで洗い流すか、浣腸して、やはりここで洗うかだ。

 私はボディソープをまぶした指で幸一のアナルの襞に触れ、引き伸ばしたりこすったりした。幸一は見えないその部分を見ようとするのをやめ、顔は両手の間、床を見ている。時々ぞくぞくっとからだを震わせる。全身に鳥肌が走る。
「おじさんのなんか、ぼくのお尻に入らないよ……」
 幸一のくぐもった掠れ声。私は構わず、アナルへの刺激を続ける。
「入るさ。男と男でセックスしているのは、『普通』じゃないかもしれないけど、私たちだけじゃないよ。女の子にはここに穴があるけど」
 私は幸一の性器に触れた。今はさすがに勃起していない。
「男にはないから、さっきみたいに、口を使ったり、お尻の穴を使う人は多いのさ。『普通』じゃない人たちの中では普通だ」
 と言って私は笑った。その間もずっと臀部の肉や肛門の襞やその周辺をいじり続ける。
「痛くない? 裂けたりしない?」
 と幸一がちょっと大きな浴室に響く声で訊くので、
「最初はたぶん痛いよ」
 とあえて本当のことを言って突き放してやる。それでもなお、受け入れるという気持ちになってもらいたいのだ。幸一には。
65
最初 前へ 62636465666768 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ