STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
 幸一が私の言葉を受け、唇の締めつけをあらためて強くした。痺れる快感のあまり、私は「おお」と小さく低い声を漏らした。私は腰の動きを大きくし、何度も幸一の喉をガチガチの大人のペニスで突いた。そして私は頂点の訪れを感じた。幸一の口内で私の性器はむくっとふくらんで、私は腰をぶるぶると震わせ、「うう!」とうめき、射精した。
 どろどろの粘液が幸一の口腔内を満たしていく。幸一は私に言われた通りそれを吐き出しもせず飲み込みもせず、口の中にためていた。精液はうまいものでもないし私の射精は幸一に直接的な快をもたらさない。幸一は熱っぽいような不思議な表情をしていた。

 私は幸一の口から射精後の萎えつつあるペニスをずるりと抜いた。斜め下にだらんと下がった私のペニスには、私自身のネバネバした白濁の液と、幸一の唾液とで濡れてべとべとだった。私が性器を抜き去った後幸一は慌てて口を閉じたが、具合が悪そうだった。
 私は、
「さああーんして。こぼれないように上向いてね」
 とイク前とうって変わって穏やかに言った。
 幸一は言われた通り上を向いて口を開ける。嫌でも少しは口腔内の粘液が喉に流れこむだろう。
 私は幸一の口に指を入れ、舌に絡んだ私の精液の粘っこいかたまりをすくいとって、幸一に見せた。
「気持ちよかったぞ幸一。これがおじさんの精液。イッた証拠だ」
 その言葉に、表情が緩み幸一は喜んだと思う。だがこの状況では、何も言葉に出せない。
 私は幸一の頭を、さっきとは違って優しく撫でた。
「今の幸一を鏡で見せたいよ。口の中にいっぱい精液ををためていやらしいぞ」
 幸一は頬を染める。自分を貶める言葉とは受け止めていないし、私もそんなつもりはない。本気で賞賛しているのだ。だから私の言葉の真意も伝わるのだ。
「全部飲めるね幸一。私の精液を幸一のからだの中に入れるんだ」
 私に穢された者になるのだ。幸一は私に言われるままに、喉を鳴らし私の精液とたっぷりわいた自分の唾液の混ざった液体を飲みこんでいった。口腔内のねばつきが気になるらしく、口の中を舌でなめ回す様は、淫らだった。幸一はそうして掃除した分も新たに湧いた唾液とともに飲みこんで、それでも口の周りをべたべたさせたまま私を見てきた。

 まだまだこれからだ幸一。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ