STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
 私は立ち上がり、幸一を膝立ちにさせて、わずかにゆるんだ性器を再びくわえさせた。
「おじさんが動くから、幸一は唇をきゅっと締めて、思うように舌を動かせばいい。じゃ、行くよ」
 幸一は私のペニスを頬張ってうなずくこともできないので、目線で「はい」の合図を送ってきた。
 私は幸一の頭を両手で後から押さえた。腰を突き出し、いっぱいまで怒張しつつあるペニスを彼の喉にまで押し込む。息が苦しいであろう幸一は鼻で荒く息をして、私に言われた通り唇を引きしめ、狭い口腔内でぐるぐると舌を動かした。素晴らしい唇の締めつけを味わいながら私は腰を引く。亀頭を残し濡れた竿の部分が幸一の口から抜け出す。また押し込む。私はそれを繰り返した。
 少しずつ動きを速くしていく。私は時々幸一の頭を手で強く引きつけて、性器を喉の奥に飲みこまれるほどの深さにぐいと押し込んだ。幸一はさすがにむせて愛らしい苦しげな顔を歪ませ涙をにじませる。私は快楽に酔い、荒い息を吐いた。幸一の唇と私の性器の隙間から、唾液が流れあごを伝った。休まず、腰を使いピストン運動をする。私の亀頭が口からこぼれ落ちそうになると、幸一は唇の締めつけをいっそう強めた。その時電撃的な快感が、背骨を駆けのぼった。快楽にひたり、私がそこで動くのをやめると、幸一は懸命に、舌で亀頭の先端をなめまわし、鈴口に舌を押し込んでくる。私はその健気な淫らさに感激し、嵩ぶり、幸一の髪をわしづかみにして、強く髪を引っぱって、頭をこちらにぐいと引きつけ、また幸一の喉奥にペニスを押し込もうとした。幸一はまた苦しんでむせる。私はそれを見てさらに嵩ぶる。太ももに力が入り、時折腰に戦慄が走った。
 私はまた、激しく腰を振り始めて、幸一の髪をわしづかみにし、強く引っぱって、
「幸一、もうすぐイクからな! 精液出すからな! こぼすなよ! 飲むのもまだだぞ」と興奮のあまり震える強い声で言った。命令され、支配されることを受け入れろ、幸一。
61
最初 前へ 58596061626364 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ