STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
 幸一は命じなくても、舌を動かした。かたくした舌を敏感な亀頭にきゅっと押しつけた。その舌が動くと、快感の微電流が私の背を駆けのぼった。私は鼻から大きな息を漏らし、幸一の頭を撫でるのではなく、乱暴めに髪をぐしゃっとつかんだ。幸一は私の快楽のサインと受け止めたのだろう、舌の動きを激しくした。さらなる快感が性器から背骨へと走る。
「幸一……エロいな……やっぱり思った通り、才能あるな」
 私は幸一の髪をぐしゃっとつかんだ手で頭を強く撫でながら言った。荒い息に言葉が途切れた。「才能」――お前は淫らな子だというメッセージだ。私は幸一に考える暇を与えず、次の指示を出す。
「上手だぞ幸一。そのまま私のをくわえるんだ。できるだけ奥深く口に入れるんだ」
 私はあえて強い命令口調を選択した。受け入れるか選択するのは幸一だ。幸一はためらいなく、実際「できるだけ」大きく口を開け、私のペニスの亀頭部分をくわえ込んだ。私の先端は温もりに包まれた。さらに幸一は健気に竿の部分もできるだけ吸いこもうとしたが、半分も入らなかった。幸一の口腔内は熱いくらいだ。そして狭い。私は直接的なペニスの快感とシチュエーションに嵩ぶった。
「舌動かすんだ幸一」
 私は嵩ぶりにまかせた支配的な命令口調を続ける。幸一は怯えることなく、ただ私に従い、そのことで私を喜ばせようとしているとしか思えなかった。
 幸一は口腔内いっぱいの私のペニス、特に亀頭部分を懸命になめまわした。自分が一番気持ちよかった場所、露出した亀頭の上部を、念入りに刺激した。そこを念入りになめるには少し性器を口の外に出さないといけない。彼はそうして、舌に力を入れ、舌の表も裏も使い、念入りに刺激してくれた。
 少年を前にして、弱みとは違うが、あまりに快感に酔い乱れる様を見せるものではない。私はできるだけ声も出さないようにしてきたのだが、暴発しそうなほどの快感に、「んっ」と声を漏らし、腰を引き幸一の口から性器をはなした。
58
最初 前へ 55565758596061 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ