STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
 私は唇をはなし、四つん這いで幸一に覆いかぶさっている。幸一は脱力し、肩で息をしていた。目つきに短期的な疲労感が見て取れた、
「イッたみたいだね」
 と私は優しげに話しかける。
「イッた?」
 もちろんそんな言葉を幸一が知るはずもない。その感覚もまた。
「セックスでね、気持ちよさが、一番高い所に来て、突き抜けることを『イク』って言うんだ。日本ではね」
 私はさらにぼんやりと反応の鈍い幸一の頭を撫でた。
「幸一をイかせることができてよかったよ。ぼーっとしてるね。ぐったりきたかな。でもセックスは両方とも気持ちよくならないと。今度はおじさんの番だ」
「うん」頭を持ち上げうなずく幸一はあくまで健気だった。彼の性器はしぼんできている。

55
最初 前へ 52535455565758 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ