STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
 私は幸一の性器から口をはなし、
「痛いか。まあだんだん慣れるよ。でもちょっと優しくしてやるからな」
 と静かに言い、また幸一のモノをくわえた。「優しく」という言葉が効いて、幸一は「痛い」や「やめて」を言いづらくなるはずだった。
 私は舌の裏側を使って、幸一のペニスの、皮の剥けた亀頭の部分を押したりなめ回したりした。舌の裏は表に比べれば滑らかで柔らかい。少し息を吸ってやるとその柔らかい舌の裏面が性器に吸いつくのだ。幸一は「ああ、う!」と声を漏らし、時にはからだに力を込め身を捩った。私は舌先にかすかなしょっぱさ、甘ったるい少年の汗に似た味を感じた。
 幸一はすでに次々押し寄せる快感の虜になり、次の快感の訪れに期待していた。私は幸一の両足を手で抱えて持ち上げ、ぎゅっと幸一の肩側に押した。ちょうど赤ちゃんのおむつ替えのような姿勢になった。一度幸一のモノから口をはなした私からは、少し上向きでこっちに向かうかわいい肛門が丸見えだった。幸一は恥ずかしそうだった。電気は煌々とついたままだしな。幸一と私の唾液、先走りに濡れた性器は、じわじわと力を失いつつある。
 だが私はすぐに幸一の大股開きの足の間に顔を入れ、再度幸一のペニスを口にいれると、唇をきゅっとすぼめて顔を上下に揺さぶった。幸一の性器を、唇や舌、なるべく柔らかい部分を使って、かつ強く締めつけ、摩擦する。幸一はからだを右にひねり左にひねり、「あ」「く」と短い声を途切れ途切れに出しながら、全身で快感を表現する。私は唇で幸一の性器の根本を締めつけた状態で、舌をぐるぐるとそこら中動かした。彼が力み、もっとも強い快感を表現するのは、どうやら性器の、剥き出しの上側のようだ。かん高い「ああっ」とい声を出して身を捩る。舌の表のざらざらした部分で、なめてやっても痛みが勝つことはなくなってきた。私はその快感のポイントを舌の表や裏で繰り返し刺激した。幸一はからだ中に力を入れてひねり、手でシーツを握って乱し、声を出し続けて、何だか叫びだしそうな感じから、実際は声を出さず、「か」というような口の形で、息を漏らし、身を震わせて、びっくりしたような顔になった幸一は、股間に顔を埋める私の方に手をまっすぐに伸ばしてくる。私は力を少しゆるめながらも、なおも幸一の性器をなめ続けた。この急激な反応と弛緩は、未精通、未熟ななりの少年のオーガズムであろう。
54
最初 前へ 51525354555657 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ