STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
「おじさんの手をなめて」
 と求めると、幸一は首をちょっと持ち上げ、さし出された私の左手のひらを、ためらうことなくぺろぺろなめた。口の中に指を一本一本押しこんでやったが、それも丁寧になめてくれた。幸一の唾液で濡れた指を使い、私は幸一の性器の包皮を剥きなおして、きゅっと握った。幸一が一瞬呼吸を止め、全身をかたくする。私は濡れた指をからませ、幸一の性器を握る手をゆるめたり強くしたりし、その間も胸やわきの下などを舌で愛撫した。右手はやわらかな曲線の尻や腹部をさすったり揉んだり、痛くない程度にきゅっと握ったりした。幸一は力を抜いたり、入れたり、身を捩ったり、掠れた高い声で「あっ」とか「う」とか短い声を漏らした。眉をひそめて、唇を歪めた幸一は、快楽にこらえかねているのだが、なるほど苦悶に耐えているように見えなくもない。

 私はからだを幸一の足の方にずらした。幸一の足を開かせ、その間に膝をついた。それから幸一の自らの唾液に濡れ勃起した性器を、口にくわえた。
 
 幸一は驚いた様子で、頭をちょっと持ち上げて私の方を見た。精通もまだない子供から見て、小便をする器官であるペニスをくわえられるのは、ちょっとインパクトがあるだろう。が、そこで快感が得られることは、幸一はもうとっくに知っている。
 私は一度口をはなし、
「噛んだりしないから心配するな。気持ちよくしてやるからな
 と早口で言い、また幸一の幼いモノをくわえた。幸一はベッドにがくっと頭を落とした。素直に私に身を任せるのだ。
 舌を使い、性器の根本から亀頭の部分までチロチロと細かく舌を動かして、なめ上げていく、「ん」という息の漏れのような声のような音を出した後、幸一は掠れた声で「いたい……」と漏らした。まだまだ、敏感すぎるんだろう。しかし、だんだんと慣れるさ。
53
最初 前へ 50515253545556 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ