STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
  †

 私は仰向けの幸一に覆いかぶさった姿勢のまま、幸一の唇に唇をそっとくっつけ、舌で少し上唇をなめる。
 それから私は幸一の口の中に舌を押し込んでいく。幸一は潤んだ目で間近な私を見つめている。私は一度顔を上げ、小声で囁いた。
「口を開けて……」
 幸一は言われた通りに、歯科検診みたいに大きく口を開けたので、私はかわいいなと思った。私はまた顔に顔を近づけ、幸一の口を全部塞げるくらい大きく口を開け、唇と唇が触れ合い、私は舌を幸一の口内に押し込んだ。
 匂いも味も、食べ物みたいにはしないはずだ。人間同士だから。だが少年の口内の味わいはやはり甘く、匂いも濃すぎない甘さを感じさせる。私は舌先をかたくして幸一の舌をなめ回した。積極的な反応こそぜず、戸惑ってはいるが、嫌がっているような感じはまるでない。ただ時間が長くなってくると息をできるのが鼻だけなので、ちょっと息は苦しくなる。私も同様、鼻息が荒くなる。
 私は右手で幸一の頭を抱え、いっそう強く唇と顔を幸一に押し当てる。それから左手を幸一の背中に回して、柔らかな臀部の双丘を撫で、二人のからだに挟まれ勃起した幼い性器を触り、握り、揉みしだいた。
 私は幸一の唇をはなし、一度顔を上げたあと、今度は幸一の額と頬にキスをし、首にもすがりついてキスをし、喉仏から耳の下までなめ回した。幸一の全身にさあっと鳥肌が走るのを感じた。胸をなめた。腹部の柔らかい肉を揉んだ。乳首を吸った。かたくした舌先で乳首のあたりをぎゅうぎゅう押した。幸一の鼓動を感じ、肌の汗ばむのを感じた。
52
最初 前へ 49505152535455 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ