STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第5章 4
「特にお互い好きになって、子供も欲しいと思えばね、男と女はセックスする。そうしないと子供はできないんだ。幸一だって、私だって、お母さんとお父さんがセックスしたから生まれてきたんだよ」
 幸一はセックスという言葉だけを知っている一方で、性交や交尾の本質的な意味をきちんと理解していなかったらしい。
「私は幸一とセックスしたい」
 私の言葉に、幸一はかなり驚いたようで、何か言おうと唇は動くものの、なかなか言葉は出なかった。
「でも僕男……だよ」と幸一はやっと言った。
「男同士でもセックスはできるんだ。さっきおじさんが幸一のちんちんの先触った時、ちょっと声を出しただろ? あの時気持ちよくなかった?」
 幸一は目線だけで肯定のサインを送ってきた。シナリオ通りだ。
「セックスはもっと気持ちいい。だからお母さんは大きな、苦しそうに聞こえるような声を出すのを我慢できなかったんだよ。幸一もセックスすればわかるよ」
 もしかしたら男か、あるいは男と女相互の、歪んだ性欲の果てに死んだかもしれない、母親の気持ちがね。
「おじさん、僕、恐い……」
 幸一はすがるように言った。私はすっと彼の髪を撫で、優しく微笑んだ。
「幸一はおじさん嫌いか?」
 幸一は慌てて強く首を振った。本当にかわいいヤツだ。
49
最初 前へ 46474849505152 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ