STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第4章 3
 当日、弁当箱を、不安に思いながら開けたら、まっとうなおいしそうなお弁当だった。卵焼きもウインナーも入っていて、友達もうらやましがった。ところが、おにぎりをかじったら、じゃりっという嫌な音と歯触りがした。おにぎりにはたくさん砂が混ぜてあったのだ。幸一はみんなの見ている前で泣きそうになり、あわててお弁当を持って、木陰に隠れて、仲間の目につかないところで涙が止まるのを待って、おにぎりを全部捨ててみんなのところに戻った。それからおかずだけを、友達と交換した。おにぎりもおいしそうだったのに食べるの早いなあなどと言われ、彼は泣いたのが周囲にばれなくててほっとしたという。
 そのことがあってから、幸一は弁当のいる日は早く起きてコンビニに行き、弁当を買って、その中身を家の弁当箱に移し替えて持っていくことにしているのだそうだ。

 私は聞いているうちに強い不快感と、そして怒りが抑えきれなくなっていた。
 左様、私は悪人だが、多くの人は悪人について多少誤解がある。私は一般倫理に照らして悪とされる行為をいくつも行ってきたし、これからも行うつもりだが、その一般倫理に照らしての悪全てを行うものではない。私が不快に思ったり忌み嫌う悪行もあるのだ。私は正義の人ではないので、それらを罰する資格はないだろうけれど。

36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ