STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第4章 3
 幸一は養護施設に入ることになった。食事と寝床とストーブがあるだけまし、とは思ったが、他はいやなことばかりだったという。人に暴力をふるったり、いやがらせをする子の心理は、彼には理解はできたけれど、もちろん被害者になるのは願い下げだった。
 この頃から彼は、自分をできるだけ目立たなく、いわば「透明な存在」に近づけようとするようになった。そうすれば誰にも傷つけられず、誰も傷つけずに済む。自分の呪われた過去を知られたら、すなわち本気で「腹を割って」人と関わったら、人は自分を嫌うだろう、と幸一は考えた。

 今の「父母」が幸一を引き取った理由は、彼には未だによくわからないようだ。過去を知った上か、いや、知っていたらまず引き取らないだろうから、知らなかったのだろう、と。引き取られた時から、ケンカはしないがほとんど一緒にいることのない、結婚した意味がよくわからない夫婦だったという。
 今の母親は食事も作ってくれないし、小遣いもくれない。服は買ってくれるが、サイズが合ったのを勝手に買ってきてくれるだけで、買い物に連れて行ってもらったことはない。おもちゃも買ってもらっていない。誕生日やクリスマスのプレゼントもない。洗濯は全部、クリーニング屋に出す。自分の部屋と風呂の掃除は幸一の役で、あとの部屋の掃除は、家政婦が土日以外の一日一時間ほどだけ来て、やっていくらしい。

 これでは彼が、誰に対しても心を閉ざすようになったのも当たり前だ。今も生きていくための衣食住はあっても、彼には愛も庇護も不足している。不足しているどころか、かけがえのない存在として愛された記憶などまるでないような、そんな運命だった。

31
最初 前へ 28293031323334 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ