STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第3章 2
 チャイムが鳴ったのは午前十時過ぎ。幸一だ! 私はドアスコープをのぞき、わざわざズボンのボタンをはずして、着衣を少し乱す。もちろんいきなり襲いかかろうなどという算段ではない。
 二度目のチャイムをやり過ごした。視界の悪いスコープごしにも、幸一がわかりやすい仕草と表情でひどく落胆しているのが窺えた。あきらめきれない様子で、少しだけその場に立っていた幸一が姿勢を変えたタイミングで、私はドアを開けた。私と幸一の目が合った時、ぱっとわかりやすいよろこびの表情が彼の顔に拡がった。本来、こんな子供らしい、いやむしろ年齢よりも幼いほどの人懐っこさと甘えん坊の顔を、彼は持っている。しかしそれをたぶん彼を取り巻く大人の誰もが知らない。とくにあの愚かしそうな両親は。
「ごめんごめん。ちょうどトイレだったんだよ。さあ入りなさい」
 私の猿芝居は、幸一をじらすためと、もう一つは大慌てで彼を迎えるアクションが伝えてくれるであろう彼への親愛を目一杯伝えるためのものだ。
 ズボンを直す私に、幸一はぼそぼそ声で謝ったが、昨日ほどおどおどしてはいない。私に手を引かれて、引っぱられるようではなく自分の意思で、彼はリビングに入った。
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ