STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第2章 1
 私は様子を見ながら、言葉でほめたりからかったりするだけではなく、頭を軽くはたいてやったり、ほっぺたをつついてやったりした。彼の方から私の太ももをぽんっと叩いてきた時には、しめたと思った。こころの垣根が、一段階低くなった。だが幸一は、自分のその行為にやや戸惑い、しまったという表情で私を見た。私は今こそと身構えたが、その瞬間気を散らした幸一がゲームで失敗をしたので、私は彼を言葉でからかい、抱きよせて両脇をくすぐってやった。幸一は「やめて」と言いながらも、私の太ももをまた叩いて、私の胸に顔をうずめるようにくっついてきた。私はまた鼓動の高まりを感じた。こうして少年との距離を縮める過程は、少年とのセックスそのものと同じくらい、私を嵩ぶらせ、楽しませてくれる。私は幸一を優しくきゅっと抱きよせた。幼児のように。幸一はもうからだをこわばらせたりせずに、私にされるがままだった。

14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ