STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第2章 1
 まだ部屋に入れてから一時間経っていないが、あの人見知りで、人を近寄らせない感じがぐっと薄れて、幸一は無邪気な年齢相応の少年らしい態度に変化していた。幸一が口にしたのは幸い非常にメジャーなシリーズタイトルで、うちには最新版があった。コミックと違って、この手のものは私自身が楽しむためではなく、99%、少年のための餌として置いている。ゲーム機自体もしかり。
 私が「それならあるよ」と言って微笑みかけてやると、幸一の顔は嬉しさをあふれさせた愛らしいものになった。私はゲーム機のセッティング(常にテレビに接続したままにはなっていない)も彼に手伝わせた。三色コードの挿し方なども幸一はわかっておらず、今やろうとしているゲームも、たぶん初めてやるのだろう。マンガもゲームも禁止の、「教育熱心」な家庭なのだろうか。私は当たり前に幸一に同情した。

 丸い大きなクッションに、私は先に座り、左半分を空けて幸一を座らせる。幸一は照れくさそうにもじもじしていたが、もはや拒絶の意思は感じられず、ただためらっているだけだ。私は手を伸ばして幸一の手首を握り、私の真横に座らせ、肩を抱き寄せてからだを密着させた。私の胸の鼓動も高まる。たぶん今の幸一とは全く別の意味で。幸一は緊張のためにだいぶ固くなっていたが、彼のからだはあたたかかった。
 二人で協力プレイのできるアクションゲームだったが、幸一はまるっきりのヘタクソだった。だが失敗のくやしさを、すぐに大きく表現できるようになり、からかったり教えたりという私からのアクションも、やりやすくなった。一方で上達は早く、彼はやはりこのゲームを全くか、ほとんどやったことがないのだとわかった。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ