STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第2章 1
「本はちょっとおいておこうか。何か飲む? ジュースは今、りんごジュースとコーラだな。あったかいのがよければ、紅茶淹れるか」
 彼はまた、言葉での意思表示ができないようだった。
「おじさんは紅茶にしよう。幸一は紅茶嫌い?」
 幸一はただ首を振る。Noのサインはこの場合どちらの意図かわかりにくい。
「正直に言いなさい。幸一はせっかくのお客さんだよ。おじさんは幸一によろこんでほしいんだから」
 呼び捨てとやや強要の意思のこもった口調は、意図的なものだ。幸一は受け入れるか。幸一は「……コーラ」とぼそぼそ声でやっと答えた。私はその彼の頭を、笑顔で強く撫でた。拒絶のサインはわずかも返ってはこなかった。私のペースだ。
 こたつ(もちろん今は春だから布団はかかっていない)で、紅茶を淹れる私を待つ幸一。律儀にコーラに手をつけずに。温かい紅茶を持って幸一の斜め横に座った私は、「幸一は礼儀正しいなあ。飲んでてよかったのに」と笑顔でほめてやり、乾杯のように紅茶のカップをさし出すと、彼も水滴のいっぱいついたグラスを持ち上げた。その時、初めて幸一は、私に、ほんの一瞬だが、屈託のない、素直な笑顔を見せてくれた。

「まだ時間あるよね? ゲームする? おじさんゲームもするんだ。子供みたいだろ? 二人プレイできるやつ、何かやろう。好きなゲームとか、ある?」
「うん。あのね……」
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ