STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第8章 7
 幸一を家に帰した後、私は急激にぐったりとなりまたベッドに倒れ込んだ。私がこうなのだから、幸一はもっときついだろうと思った。あんな激しいセックスは相手が誰であれ滅多にしない。まして十歳やそこらの少年となど。
 幸一は肉体全体のダメージに増して、アナルがきついと思う。大きな裂傷ができないように細心の注意を払った(その後のアナルセックスが事実上不可能になるからだ。苦痛ばかりになり、裂傷は拡がり拷問になってしまう。ケガを隠すことも難しくなる。私が彼と愉しみたいセックスはそういうのではない)が、外見(そとみ)にも相当に腫れていたし、アナルセックスは特にアナルの周囲内外に微小な傷を作り続け、繰り返せば微小出血も避けられないのだ。まして幸一は昨夜が初めての経験だったのだから。
105
最初 前へ 102103104105106107108 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ