STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/07/23
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
STIGMA Side-Kurosaki Vol.1 第7章 6
 幸一はからだを後にずらし、前後から両手で私のペニスを支えてまっすぐ上を向かせ、腰を沈めて私のペニスの先をアナルにあてがった。幸一のアナルは熱い。私は快の予感に身を震わせた。幸一は膝を曲げ腰を下ろしていく。私のペニスに幸一のアナルが押し拡げられていいく。幸一もぶるっと震える。亀頭が飲み込まれた。その時のアナルの大きな収縮は、刺激が強かったようで、幸一は「う」と短い声を漏らし、足に力が入った。幸一はそのまま膝を曲げどんどんと私のモノを飲み込んでいった。私のモノつかえた時、ペニスの竿の大半は飲み込まれた感じで、当初より深く刺さったように思えたが、それは錯覚か、あるいは体位の問題か。
「動くんだ。上下にお尻を揺さぶるんだよ」
 私の指示を聞き、幸一は私の腰に両手をつき、上下に、ゆっくり腰を動かした。亀頭だけを内部に残すまで抜き、また直腸内の壁に先端が当たるまで、腰を沈ませる……。時々、幸一は全身を震わせ、その時きゅっとアナルが引き締まった。私も快感に震える。
 幸一は痛みを恐れておっかなびっくりゆっくり動くのだろうが、私はあえて追い打ちをかけた。
「もっと速く! おじさんをイカせてくれよ」
 言われて幸一は、屈伸運動のように膝を使い腰の上下を速くした。心なしか締めつけも強くなった。快楽物質が腰から背骨を賭けのぼり、脳の後ろで弾けた。素晴らしい。幸一は夢中で腰を上下させていて、性器は勃起している。痛がっていない。きっと快楽をむさぼってさえいる。途中から幸一は私の腰から手をはなし自分の膝に置いたり、後に手を伸ばし私の足を支えにしたりした。腰の動く方向をいろいろに変えるのは、私に快感を与えようとしているのではなく、自分の快感のスポットを私のペニスがより刺激するように、工夫しているのだ。目を閉じ唇を噛み汗を流す幸一。淫らな小動物に遠慮は無用だ。
「お尻締めつけろ。力入れて」
100
最初 前へ 979899100101102103 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ