先生は僕のもの
先生は僕のもの
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
先生は僕のもの 第2章 島原先生の体
 あまり陰毛が生えていない感じがする。そのまま割れ目の中に指を入れると、面白いことに湿り気を帯びていた。僕の悪戯で感じたのか、元々湿っていたのかは分からないけど、ねっとりとした分泌物が指に絡み付いてくる。そのまま指を入れると、生暖かい膣壁が僕の指を包み込んでくれた。

「僕の指が島原先生の大事なところに入り込んでいますよ。どんな気分です?」と聞いたところで返事はしてもらえない。あまりに表情がないのも面白くないので、先生の眉毛を弄って八の字にさせてみた。何となく感じている表情が出来上がる。

 「よしよし、何となく雰囲気がでたぞ。でも相変わらず動かないな」

 まさにダッチワイフ状態だ。
 僕は先生のパンティを脱がせると、座らせたまま大きく足を開かせた。惜しげもなく披露される島原先生の股間。僕はその股間に顔を埋めると、両手で割れ目を左右に開いてその中をいやらしく舐め始めた。甘酸っぱいような――これまで味わったことのない味。それほど臭みはなかった。
 膣の上についているクリトリスを剥いて、舌で刺激してみる。本当なら腰を浮かせて善がるんだろうけど、島原先生の体はピクリとも動かなかった。

「全く反応がないってのもなぁ。でも、それは僕が自由に出来る証拠。さあ、島原先生。僕と一つになりましょう!」

 ドキドキしながら床に膝立ちし、大股開きしている先生の間に体を割り込ませる。島原先生の白いジャージをまとい、ズボンも中途半端に穿いた状態で割れ目に肉棒の頭を宛がうと、そのままゆっくりと膣の中に挿入していった。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ