先生は僕のもの
先生は僕のもの
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
先生は僕のもの 第2章 島原先生の体
 きっと三分以上、口の中を嘗め回していたと思う。先生の口から離れると、ねっとりとした唾液がアーチを作った。僕と先生の唾液が混ざり合って出来たアーチだ。

「島原先生、僕のキスに興奮したんですね」

 なんて言いながら、白いジャージの上から両手で胸を揉みしだいてみる。弾力のある大きな胸は、僕の掌の中でさまざまな方向に向けられた。

「すごく柔らかい。これが島原先生の胸なんだ」

 何度も何度も揉みしだいて胸の感触を堪能した後、ジャージのズボンに手をかけ、前に引っ張って覗き込んでみた。白いパンティに包まれた股間は、程よい丘になっている。

「島原先生のアソコだ……」

 さっきから肉棒が痛いくらい勃起している。僕は一旦立ち上がると、制服や下着を脱いで裸になった。いきり立った肉棒が、早く先生の中に入りたいと言っているように思える。

「いきなり入れるなんて勿体無いな」

 肉棒を諭すように呟いた後、先生をソファーに寝かせた。そして僕も同じようにソファーに寝て、先生を抱きしめた。

「先生……」

 動かない島原先生の体を思い切り抱きしめた後、両手で背中やお尻、太ももを撫で回る。更にはズボンの中に手を忍ばせ、直接先生のお尻を揉みほぐした。張りがあって、生暖かい先生のお尻の感触がたまらない。パンティの生地を食い込ませて何度か引っ張ると、それに合わせてお尻がプルプルと震えた。

「どうです?生徒にこんな事されるのは」

 目線を合わせて島原先生に問いかけたけど、先生の表情は全く変わらなかった。そのまま先生の感触を楽しんだ僕は、白いジャージに手をかけて脱がせた。中には白いポロシャツを着ていたが、それも脱がせる。そして、スニーカーを両足から外すと、ズボンも脱がせて下着姿にした。思っていた通り、Dカップくらいある胸とくびれたウェストが現れる。

「島原先生のスタイル、すごく綺麗です。そうだ!」

 僕はまた先生を座らせると、足を大きく開かせた。

「僕、島原先生がオナニーするところを見たいんです」

 右手をパンティの中に入れさせ、左手で胸を揉ませるようにセットする。本当に先生がオナニーしているように見える。その姿を見ながら、先ほど脱がせたジャージのズボンを手に取ると、徐に穿き始めた。先生の温かさがまだ残っているズボンを僕が穿く。そして、ポロシャツとジャージの上着も身にまとった。
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ