先生は僕のもの
先生は僕のもの
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/08
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
先生は僕のもの 第3章 島原先生と合体!
 島原先生の体を抱きしめ、激しく腰を振る。ジャージのズボンの中でグチュグチュといやらしい音が聞こえるけど、姿見に映る先生は一人で体を抱きしめ、リズム良く腰を振っているようにしか見えなかった。
「た、たまらない。島原先生と僕が一体化してるっ」
 棒立ちの状態が疲れたので机に両手を付き、足を広げた状態で腰を振った。

「はぁ、はぁ。うっ、ううっ。はぁ、はぁ……はぁ」

 生身のダッチワイフとセックスしているみたいだ。僕が腰を振るたびに、先生の頭がガクガクと前後に揺れる。時折、腰の動きを止めて先生の顔を後ろに向かせ、キスをする。
 そしてまた腰を振る。それを何度も続けた。
 最後はベッドの上で島原先生と一緒にカエルの様にうつ伏せに寝転がり、激しく腰だけ動かした。どんな体勢を取っても、僕と先生は一つだ。

「うっ! うっ! くぅっ……」

 またしても先生の中に射精。先生はショートカットの髪を乱れさせ、僕の行為を全て受け入れてくれた。

「はぁ、はぁ。先生……」

 汗ばむジャージ。僕は体を横に向けると、愛しい島原先生を何度も抱きしめた――。



 島原先生の体を十分に堪能した僕は職員室に帰すことにした。下着とポロシャツは僕が頂くので、ジャージの中には何も着せない。そのまま先生を職員室に座らせておくのも芸がないので、僕が嫌いな男子生徒を一人担いで来て先生の机の上に座らせる。
 制服のズボンを脱がせ、トランクスから肉棒を引っ張り出した。その状態で、椅子に座っている先生を前かがみにさせて咥えさせる。先生の両腕を男子生徒の腰に抱かせ、男子生徒の手は先生の頭を掴ませた状態。
 時間を動かせば、島原先生が男子生徒の肉棒をフェラチオしているシーンから始まる。周りの先生達はどんな反応をするだろう?
 僕は職員室の窓から、その様子を見ることにした。

「スイッチオン!」


 先生は僕のもの――おわり
12
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ