もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第15章 これから・・・
ひかる
どんなときでも俺が守ってやるからな
愛しいひかる
俺はこんな愛し方しか出来ないけど
それに答えてくれたひかる

このまま誰も知らない場所で
ひかると2人で暮らしたいと考えてしまう
そう思うだけで幸せな気持ちになれる

そんなひかるの事を考えていたとき
何か強く感じるものが
そう俺の記憶の中で大切にしまってあった何かに
触れることが出来たようなそんな気がした


本当にひかるの屈託のない笑顔と
心にスッと入ってくる言葉 耳障りのいい声
つま先から髪の毛の1本1本までが全て愛しい存在だ

俺は正直かなりの罪を犯してきた ひかるとの
ボーダーラインを超えてしまうことを恐れて
自分に嘘をついて本当の気持ちを隠してきた

だけどいくら隠してもやはり抑えられない気持ちが
ひかるを苛めるなんてガキみたいな行動をとらせ
結果としてボーダーラインをこえてしまった

でも後悔はしていなし むしろ良かったと思っている


数年前 ひかるは俺にサンタがいるかもと思わせてくれたっけ

だけど ひかる お前が俺のそばに居てくれたことの偶然を
俺は神に感謝するよ 神様 ありがとうございました

そして母さんひかるを生んでくれてありがとう
あのときの言葉の意味がやっとわかったよ


「どうしたのお兄ちゃん 難しい顔して」

「なんでもないよ。 ひかる 愛してるよ」



                                        Fin
98
最初 前へ 92939495969798 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ