もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第2章 お兄ちゃんからのお願い
「なあ、ひかる、明日って何か予定あるのか?
土曜って部活無かったよな。ちょっとお願いがあるんだけど」

「なによ・・・・? そのお願いって・・・??」

私がお兄ちゃんに向かって上目遣いに訝しげにそう聞くと、
お兄ちゃんはうれしそうに私に向かってこんな事を聞いてきた。

「ひかる~ この前の期末テストどおだったんだ?
俺のヤマがばっちリ 当たったろ??w」

確かに・・・ 私はそう思っていた。
悔しいけど勉強のできるお兄ちゃんは、テストのヤマを当てるのもうまかった。
私はそのおかげで、前回の余り芳しくなかった中間テストを
遥かに凌ぐ高得点を期末テストで取る事が出来たので、
テスト前にヤマを張ってくれたお兄ちゃんには、
全く頭の上がらない状況だったのだ。


私がそんなことを思っていると、お兄ちゃんはニヤリと笑いながら、
私に向かってこう言った。

「あのとき何でも言うこと聞くって言ったの、忘れてないよな??w」

『うぅっ・・・。このお兄ちゃんに頼みごとをした私が悪かったのね・・・・』

そう思ったけれど、後の祭りだった。


私はちょっと頬を膨らませながら、お兄ちゃんに向かってこう聞いた。

「なによ・・・・? 何をやらせるわけ・・・・??」

するとお兄ちゃんは、涼しげな顔をして笑いながら私に向かってこう言った。

「別にただ部屋を掃除してほしいだけだよ。
これ以上汚すと、母さんが片付けようとするからさ。
色々 面倒なんだよ。お前なら色々見つかっても大丈夫だからさ?w」


『何 それ。私、メイドじゃないんですけど~~・・・・。』

私は一瞬そう思った。でも

『まあ テストで助かったのは事実だから、仕方ないかぁ・・・w』

そう思うしかなかった。

それに、お兄ちゃん公認でお兄ちゃんの部屋に入れるということに、
実はちょっとだけ、私は胸を高鳴らせてしまっていたのだ。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ