もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第11章 2人きりの夜(1)
部屋に入ってきたお兄ちゃんは、部屋の中を歩き回りながら
こう言った。

「ひかる~ 片付け終わったか~」

「…」

(しまった! 私。ちっとも片付けしてなかった!)


「なんだよ全然片付いてないじゃないか」

「…」

(うっ! ごめんね、お兄ちゃん! 
だってお兄ちゃんのDVDが余りにもスゴすぎたんだもんっ)


「寝てるのか?」

お兄ちゃんはそう言いながら、私の隠れている
ベッドの傍までやってきた。

「…」

(イヤンっ! 私がベッドの中に隠れてるの、
思いっきりお兄ちゃんにバレてる…っ?)

私がベッドの中で思い切りアセアセとしていると、
お兄ちゃんはどうやら気づいてしまったらしいのだ。
私がお兄ちゃんの机の処に下着を置きっぱにしているという事に…。

「えっ! これってひかるのか?」

(え~~ん… お兄ちゃんにみつかっちゃったよ~……)

私が心の中で思いっきり泣いていると、

「ひかる~ 起きないと無理矢理起こしちゃうぞ」

ベッドのすぐ傍でお兄ちゃんがうれしそうに
ちょっとイジワルにそう言った。

「…」

(イヤンっ お願いだから、それだけは許して~……)


「俺の部屋で何をしてたんだ~」

(私の下着が落ちてたのを見た時点で、
私が何してたかわかってるクセにっ! 
ほんと、お兄ちゃんのイジワルっっ!)

そう思いながらも、なすすべのない私は、
とにもかくにも黙って寝たフリをしているしかなかった。
72
最初 前へ 69707172737475 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ