もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第11章 2人きりの夜(1)
「あ 聖夜 いいところに帰ってきた」

玄関を開けた瞬間母親と目が合い、いきなりそう言われて
何事かと思ったが、父親の持ってる荷物で思い出した。

そうか なんて偶然だ。 そーいえば今日だった。

わかってはいたのだが、俺はわざとらしく
母親に向かってこう聞いてみた。

「あれ 何処かに行くんだっけ?」

「何 言ってるのよ 言っておいたでしょ?
今日はお父さんのお仕事の関係のパーティーで
お母さんも同席して泊まりだって」

「そーいえば そんなこと言ってたね。何処であるんだっけ?」

「横浜よ 帰りは明日の昼過ぎだから あとはヨロシクね~」

「了解! 気を付けて行っておいで。
ところで母さん。俺とひかるの晩御飯は何かあるのかな?」

「ゴメン バタバタしてて用意することが出来なかったのよ。
でも聖夜ならなんでも作れるんで安心だけどね」

「マジで~ 勘弁してよ~」

「まあ ひかるに美味しいもの食べさせてあげてね」

70
最初 前へ 67686970717273 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ