もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第1章 お兄ちゃんは裸族!
「そおかな~ しっかり目線が俺のを見ていたと思うけどな?w」

そんな私の気持ちを知ってか知らずか、お兄ちゃんは
うれしそうに笑いながらそう言うなり、
胸の所でうち合わせになっていたバスローブを、
いきなり私の目の前でバッと開いた。

「ちょっと!!! だからほんとヤめてってばっっ!!」

私は咄嗟に顔を真っ赤にしながら俯き、お兄ちゃんから目を反らせた。


なのに・・・・!!

「もちろん 下着は履いたけどね・・・?w」

「え・・・・・?」

私は思わず目が点になっていた。

お兄ちゃんは開いたバスローブの下に、ちゃんとトランクスを履いていたのだ。

『うぅっ・・・ 毎度のことながら、またからかわれた!!!』

「だったら、そんな思わせぶりなことしないでよっ!!
お兄ちゃんのバカ! イジワルっ! エッチっっ!!!」

私が顔を真っ赤にしながらそう言って怒ると、
お兄ちゃんは涼やかな瞳に甘い雰囲気さえ称えながら、
私に向かってこう言った。

「はい はいw 怒った顔も可愛いぜ」

そう言われてしまった瞬間-。
私のハートは情けないかな。一気に沸点に到達してしまった。
自分でも驚くぐらい顔が真っ赤になり、
自分でも驚くぐらい恐ろしい早さで
心臓がドキドキと高鳴っているのがわかった。


私が顔を真っ赤にしたまま、その場で呆然と立ち尽くしていると、
お兄ちゃんが涼やかな笑みを浮かべながら、
そんな私に突然、「頼みごと」をしてきた。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ