もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第1章 お兄ちゃんは裸族!
お兄ちゃんがゴクゴクと男らしくお茶を飲む姿を、
ちょっとだけウットリと見つめてしまいながら、
私はそんなお兄ちゃんをやさしく教え諭すようにこう言った。

「最初からそうやってバスローブぐらい着てから、
お風呂場から出てくればいいのに・・・w」

お兄ちゃんはどうやら、学校から帰ってすぐにシャワーを浴びたらしく、
そのタイミングで私が帰ってきたので、
わざわざ出迎えに来てくれたらしいのだけど、それにしてもやっぱり、
せめてトランクスぐらいは履いてきてほしいものだと私は思ってしまう。


するとお兄ちゃんは、そんなやさしく教え諭すようにそう言ってあげた私に、
事もあろうにニヤリと笑いながらこう言った。

「とかなんとか言って、見るとこはしっかり見てたんだろ??w
流石は美術部 部長だよなw なんならさ。
俺が裸体デッサンのモデルになってやろうか??w」

『うぅっ・・・ 相変わらずなんて観察眼なの?!!』 

私はそう思う。

お兄ちゃんは小さい頃から、私のすることなすことよぉ~く見ていて、
私の手の内心の内を見事に読んだり言い当てて来るから、ほんと困る。

「え・・・・?!! み、見てないもんっ!! 私っっ!!! 
それに、裸体モデルとかほんと必要ないからっ!!」

「裸体モデルは必要ない。」。これは本心だった。

やっぱり男の人に全裸になられちゃうと、
どうしても下半身に目が行かざるを得なくなっちゃうし、
私としては、どうせだったら制服とかスーツとか。
お兄ちゃんにはちゃんと服を着てもらって、
妹である私の前でも、いつもビシっとカッコよくいてほしい-。
それが私の切なる乙女心だったからだ。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ