もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:†REX†
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/12/14
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
もし どSな俺に恋してる妹がMだったら 第1章 お兄ちゃんは裸族!
うちの玄関は、靴を脱ぐ場所が一段低くなっているので、
ちょっと油断をして視線を上に上げようものなら、
お兄ちゃんのブラブラしたソレが、すぐに私の目に飛び込んでくる位置にあった。

さっき玄関に入ってきた時、私は思わずお兄ちゃんのソレを
目にしてしまっていたのだけど、

『ダビデ像のよりずっとずっと立派だったな~・・・w (*´ω`*)ポッ』

そんなことをふと思ってしまった私は、ブンブンと首を横に振りながら、
そんな己の邪念を頭の中から討ち払った。


「へぇへぇ。仕方ねぇなぁ・・・w」

お兄ちゃんは笑いながらそう言うと、私に背を向けて
洗面所のほうへと向かって行ったので、私は思い切りホっとしていた。


玄関で靴を脱いで台所の方へと向かい、喉が渇いたので
冷たいお茶でも飲もうかと冷蔵庫を開けていると、

「俺にもお茶ちょうだい?w」

お兄ちゃんが私に甘えるような声を出してそう言ってきたので、
私は仕方なく二人分のコップを用意し、
そこに冷たいお茶を入れて、お兄ちゃんに手渡してあげた。
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ