天国への階段 裏版・中学生日記
天国への階段 裏版・中学生日記
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
天国への階段 裏版・中学生日記 第1章 1
 先輩は勝手にしゃべってるんだけど、どうも辞める部員が多くて、公式戦に参加できなくなりそうだから、頭数だけでいいから入って欲しいとかいう話だ。無理だ無理だと言ってもしつこい。第一そんなに人数が少ないのなら、ぼくも試合に引っ張り出されるんじゃないだろうか。柔道着買わされて、人前で痛い目に遭わされて笑いものなんていくらなんでも嫌だ。

 そのうち、ぼくのもごもごした物言いの何かが気に入らなかったようで、ぼくは先輩に襟首をつかまれた。こわい。
 そこに、仙石君が通りかかった。
 親しげに先輩に話している。
 「ああ、こいつ運動無理ですよ。僕誰か捜しますから、放してやってくださいよ」
 仙石君も軽くぼくをバカにしているけど、助けてくれた。先輩はぼくの頭をちょんと小突くようにして、背中を向けて去っていった。
 「……ありがとう……」
 「この肉じゃ運動部向きじゃないよな」
 ぼくはお腹の肉をつかまれた。何も言えなかった。仙石君はぼくを廊下の壁に押しつけて、しつこくお腹を揉んで、胸もつかんだ。
 「女みたいな胸だよなお前」
 嘲笑っていた。同じようなことを、五年の頃六年の何人かに囲まれてされたり言われた時は、助けてくれたのに。
 「毛生えた?」
 笑いながらぼくの股間をぎゅっとつかむので、さすがにぼくはその手首を握ってずらして、もう一方の手で股間をガードした。へっぴり腰になっていた。
 そのぼくを抱くように仙石君の手がぼくのお尻に回って、ヒップポケットから財布を抜かれた。
 「あ……」
 「助けてやったんだからこのくらいいいだろ? じゃあまたな」
 財布には七百円しか入っていないけど、今月のぼくの小遣いはそれと家に二百円くらいだけだ。それでもぼくは、返してくれと言えなかった。それが間違いだってことはその時わかっていたし、全ての始まりになってしまったことは、あとからすごく後悔したけれど、できないものはできないし、後悔しても、何もかも手遅れだった。
2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ