蜜事-私のお父様-
蜜事-私のお父様-
成人向アフィリエイトOK
発行者:向田愛由美
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/20 10:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蜜事-私のお父様- 第3章 貴方だと、気づいていた
男は射精を終えると、満足げに大きく息を吐き出した後、私から身体を離した。
ペニスが引き抜かれた瞬間、たっぷり出された精液が膣口から勢いよく溢れ出る。

中に……出されちゃった。初めてだったのに。避妊してないのに。どうしよう、赤ちゃん出来ちゃう……。

頭が朦朧としていた。ぐったりした私をそのまま放置し、男が足早に部屋を出て行く音が聞こえた。
私は目隠しを取りもせず、それから小一時間ほど横たわっていた。動けなかった。

何も見えない世界の中、突然、バタンと激しい音が聞こえ、誰かが部屋に入ってくる気配がした。
驚いた私の身体がビクッと跳ねる。
「結衣!?」
聞き慣れた男の声がする。16年間毎日聞き続けてきた、慣れ親しんだ声。安心する声。
「お父さんん……」
必死に絞り出した声はか細く震えていた
私の身体が男の人の腕で力強く抱え上げられる。一瞬、また、あの匂いがした。
バリッという音と共に目隠しが剥がされ、世界がいきなり明るくなる。
真っ白な世界のまぶしさに目を細めると、私を見下ろすお父さんの顔が見えた。
「結衣、どうしたんだ!?何があった!?大丈夫なのか!?」
額から汗を流し、必死な形相で私を見ているお父さん。
その腕に抱えられたまま、私は気を失ってしまった。
でも私は知っていた。気づいていた。
今私を抱いている、この安心する腕は、私を襲った男のそれと同じだということ。

私をレイプした男は、お父さんだということ。

お父さんの匂いに包まれながら、私の意識は遠くなっていった。
8
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ