蜜事-私のお父様-
蜜事-私のお父様-
成人向アフィリエイトOK
発行者:向田愛由美
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/07/11
最終更新日:2012/07/20 10:29

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
蜜事-私のお父様- 第1章 暗闇の中から迫る手 1
男の熱い手が、私の秘部に伸びる。
「嫌、いやっ!」

そんな叫びをいともせず、その手は暴れる私の足を抑えつける。
男は私の足を強引に開き、重心をかけ、私に身動きをとれなくした。
スカートから露出しているであろう、ピンクの下着が無理やりに剥がされていく。
男が何のために私に足を開かせたのか。抑えつけたのか。そして、下着を剥ぎ取ったのか。
頭の中で全てが繋がり、全身がぶるぶる震えだす。
「嫌っ!やめて!!」
必死に抵抗し撥ね退けようとするが、男の人の力は信じられないほど強くて、ピクリとも動かない。
逃げられない。
突然、暗闇の中で私の両足が掴まれ高く持ち上げられた。
恥ずかしい!頬が熱を持ち、顔が赤くなっているのがわかる。
これじゃ、おまんこが丸見えになっちゃう……まるで赤ちゃんがおしめを換えて貰っているみたい……。
高校生にもなって、見知らぬ男の前でこんなポーズをさせられていると思うと恥ずかしくてたまらなかった。
「い、嫌……」
ふるふると首を横に振っていると、瞳が涙で潤んでくる。
恥ずかしくてたまらなくて、小鳥のさえずりのような小さな声しか出ない。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ