実録 亜紀の初恋 第二巻
実録 亜紀の初恋 第二巻
アフィリエイトOK
発行者:りよっち
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/30
最終更新日:2012/07/24 23:35

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
実録 亜紀の初恋 第二巻 第1章 机に彫った名前
席が真後ろだったため


何かにつけて、


からかわれるようになった





裕くんにも、


からかわれたことあったけど


全然、裕くんとは違う感覚




「なんなのよーっ」って


本気で怒ったり、亜紀にしてみると


気軽に話しができる

男子だった




部活は体系には似合わず

相撲部のようで



亜紀のテニス部からすぐ近くで

いつも、

どちらからでも見える範囲内だった




たまに、何気に目に入ってくる


相撲部を見るたびに


どうしてその子が相撲部なんだろう?と



思ってしまうほど


気になるきゃしゃな体系だった




ところがそのTくんは

無視できない存在でもあった



なぜなら、

亜紀の大好きな裕くんの友達らしく



放課後は数人と

Tくんと裕くんという



他のメンバーで

いつも、仲良く帰って行くのを


知っていたからである。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ