旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第3章 旦那の目の前で
 いつの間にか足の指に力が入り、かかとを浮かせてしまう。次第に激しくなる指の動きは、膣内からニチャニチャといやらしい音を奏で始めていた。平静を装いながらも、次第に息が乱れてゆく。
 感じてしまっているのだ。見えない沖村のいやらしい指に。この状況でオーガズムに達してしまいそうだった。

(あっ、やだっ。中でそんなに押さないで……)
「水が漏れているんじゃないか?」
「えっ……」
「水が滴る音が聞こえるんだけど」
「そ、そう?私には聞こえないけど」
「そうか?おかしいな」
「き、気のせいじゃない?」

 水が滴っているのではなく、愛液で濡れた膣が音を鳴らしているのだ。いやらしい音を鎮男に聞かれている。その羞恥心が、一気に裕子をオーガズムへと導いた。
 両足が宙に浮き、全身に力が篭る。
 右手にスプーンを握り締めたまま、左手で口を押さえて喘ぎ声が漏れるのを必死で我慢した裕子は、ビクン、ビクンと体を震わせると無言でオーガズムに達した――。
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ