旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第7章 あの快感が忘れられなくて
「んっ! んんっ」

 壁に凭れ掛かった裕子は、両腕を体の横に下ろしたまま苦しそうな表情をした。目を細めて唇を閉じているが、その唇がグニグニと動き、塗っていた口紅が唇からずれ始める。

「んん……。んっ……ぁっ。はぁ、んはっ、はぁ、あっはぁ」

 ほんのしばらくの間、唇が上下に揺れ動くと、下顎から力が抜けた。すると、口内に侵入した生温かい異物が舌に絡みついたのだ。

「はぁんっ。あっ、あふっ」

 口を開けているのに、篭った声。そして鼻から息をしている。更には、胸を包み込んでいる薄手のトレーナーが揺れ動き、ちょうど乳首がある場所が摘まれたようにへこんだ。

「んんっ! ふうっ……んんっ。んっ、んんんっ」

 全身から力が抜け、その場にへたり込んでしまう。

「はぁ、はぁ、はぁ……」
(よっぽど気持ちよかったんだな。服の上からでも乳首が勃起しているのが分かったよ)
「はぁ、はぁ、はぁ」
(もうすぐ旦那は風呂から上がってくるんだろ?)

 裕子は何も言わず、コクンと頷いた――。
24
最初 前へ 20212223242526 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ