旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第6章 焦らされた挙句……
「んんっ!」

 目の前、ほんの数十センチのところに鎮男の寝顔がある。目を開けると、裸の裕子が両手をベッドについて見えない者に犯されている姿を見られてしまうのだ。

「はぁ、はぁ、はぁ、ぁっ、ぁっ、んんっ」

 必死に唇を閉じて声を殺す裕子だが、後ろから子宮口を激しく突かれる度、もうどうしようもない快感に襲われた。しかも、内股になっている太ももやお尻が波打つたびに肉がぶつかり合う音が聞こえ、開いた膣から涎の様に愛液が垂れ流れて太ももを伝い落ちる。
 何度も腰がひきつけられ、その度に髪の毛が、そして垂れた胸が激しく揺れ動いた。

「いっ……んっ、ふんっ、ふぅっ、ふぅっん」

 いっそシーツに顔を埋めてしまいたい。そう思うのだが、後ろに引かれているので顔がシーツに届かない。足を崩そうにも細いウェストを下から抱きかかえるように持たれ、強制的に立たされているので自由に体を動かせない。

「ぁ、ぁ、ぁ、ぁ、ぁぁっ。はぁ、はぁっ、はぁっ、はぁっ」

 何か夢を見ているのだろうか。鎮男は寝ながら顔をボリボリと掻いている。
 今、目を開けられたら――。

「ひっ! だ、だめぇ~っ。ぁ、ぁ、ぁぁぁぁっ。ィっ……クッ! はぁぁぁぁっ!」

 裕子は掠れた喘ぎ声を漏らしながら、寝ている鎮男の前でオーガズムに達してしまったのだった――。
22
最初 前へ 19202122232425 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ