旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第6章 焦らされた挙句……
 上下に跳ねながら、時に見えない体にクリトリスをこすりつけるように前後に動く。

「ぁっ、ぁっ、ぁぁっ……ぃぃっ! んんっ」

 そのとき、裕子に背を向けていた鎮男が寝返りを打ち、こちらに顔を向けたのだ。

「…………」

 息を呑み、鎮男の目蓋をじっと眺めた裕子。
 今、目覚めてしまったら――。
 しかし、鎮男はそのまま寝息を立てて目蓋を開かなかった。少し安心したような、それでも声を出せば気づかれてしまう気がする。

「あんっ!」

 思わず漏れた自らの喘ぎ声に、慌てて口を塞いだ。いきなり裕子の体が上下に跳ねたのだ。

「だ、だめっ……い、今はっ」

 両腰が掴まれた感触と共に、自然と体が上下に揺れる。声が漏れないよう、両手で口を塞ぐだけで精一杯だった。

「んっ、んっ。はぁ、はぁ、はぁ、ぁっ、んんっ」

 お尻が二十センチほど宙に浮いて、女座りしているという中途半端な体勢の裕子は、揺さぶられるように跳ねていた。

「んん、んんっ、んんっ、あっ!」

 そして今度は、後ろに倒されるかと思うと不意に体が宙に浮いたのだ。持ち上げられたという表現が正しいだろう。足をM字に開いたまま、体を抱きしめられている感じだ。おそらく沖村が中腰になり、蟹股に足を開いているに違いない。

「い、いやっ。近づかないで」

 陰唇が左右に分かれ、開いた膣を覗き込めば子宮口が見えそうな状態で宙に浮き、鎮男が寝ているベッドに移動させられる。

「えっ!? な、何? ちょっ……はぁっ!」

 ベッドの前まで移動すると膣を圧迫していた感覚がなくなり、床に下ろされた。しかし、今度はベッドに両手を付かされ、前かがみになったところを後ろから突かれたのだ。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ