旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第6章 焦らされた挙句……
「…………」

 辺りを見回しその存在を探すと、床の上に横たわってかすかに見える肉棒を発見する。どうやら床に仰向けに寝転がっているようだ。
 もう一度鎮男が寝ている事を確認した裕子は、そっとベッドから降りると肉棒の側に近づいた。

「あっ……」

 足が何かに引っかかち、躓いた。沖村の肉体のようだ。そのまま床に膝を付いて前屈みになった裕子は、もう一度肉棒を自主的に咥えこんだ。舌を使ってカリ首を刺激し、見えない二つの玉を掌で転がす。すると、萎え始めていた肉棒に力がみなぎり始めた。
 互いに言葉を交わすことも無く、勃起した肉棒を跨ぐように膝まづいた裕子は右手で軽く掴むと、そのままゆっくりと腰を沈めていった。

「ん……」

 絨毯しか見えないのに、自然と陰唇が左右に分かれ、膣口が丸く開いてゆく。そして、更に腰を沈めると膣壁が奥のほうまで広がっていった。

「んん……ふっ」

 ビクンと体が震えると、お尻が中途半端なところで止まった。しかし、お尻や太ももに生温かさを感じ、女座りしたという感覚がある。膣内も満たされ、子宮口に圧迫感があった。手を前に伸ばして床に付こうとすると、見えない胸板らしきものに触れる。

「……はぁ、はぁ、はぁ……んっ」

 横に顔を向けると、ベッドで背を向けた鎮男の寝姿。その様子を眺めながら、ゆっくりと腰を動かし始めた。

「んっ、んっ、んんっ」

 見えない体に手をつき、見えない肉棒で感じている。いつ目覚めるか分からない鎮男に緊張し、腰を動かす行為はとても興奮した。オナニーしているのではなく、男がマンションに入り込み寝室でセックスしているのだ。

「ぁっん」

 乳房が歪に変形した。下のほうがVの字にへこみ、そのまま体の揺れとは異なった方向に揺れ動く。
 硬く勃起した乳首が独りでに動き、裕子を悶えさせた。

「ぁっ、ぁっ。んんっ、んっ」

 前後に、そして左右に動く腰。見えない肉棒に膣の中をかき回され、子宮口をごりごりと押されている。こんなに奥まで突かれた事がなかった裕子は、蕩ける様な快感に身を委ねた。乳首を弄っている見えない腕を掴むと、より一層強く摘まれる。

「んんっ!んっ、はぁ、はぁ……ん」

 もう我慢できない。
 最後までイキたい。
 そう思った裕子は、さらに激しく腰を動かした。
20
最初 前へ 17181920212223 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ