旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第5章 ダブルベッドに三人で
 同じベッドで夫が寝ているにも関わらず、別の男性の愛撫に体を火照らせてしまう。透明人間になっている沖村は、無言で裕子に愛撫をし続けた。

「うっ、はぁ。んっ……ぁっ。ぁんっ、はぁ、はぁ……んんっ」

 膣がクチュクチュといやらしい音をリズムよく奏でている。かなり激しく掻き回されているようだ。
 音と共に、雫となってシーツや太ももに飛び散る愛液が物語っていた。

「んっ、んっ、んんっ……ふぅっ。はぁ、はぁぁっ、ぁっ、ぁっ」

 大きな声が出てしまいそうだった。鎮男に気づかれないよう、枕に顔を押し付けている。しかし、その枕は強制的に奪い取られ、部屋の向こうに放り投げられてしまった。

「だ、だめっ……こ、声が出ちゃうぅ」

 裕子は人差し指を噛んで、声を殺した。

「ぁっ、ぁっ、ぁっ。だ、だめぇ……お、お願いだ……からぁ」

 掠れる声で嘆願した裕子だが更に激しく掻き回され、M字に開いた足のつま先をキュッと立てて足の指に力を入れた。

「んんっ!んっ、んっ、んっ。あっ、あっ、ああぁっ……はぁ、はぁ。あぁぁっ!?」

 膣への愛撫が止まったのは、オーガズムを迎える直前だった。

「はぁ、はぁ、はぁ、はぁ……」

 大きく胸で呼吸する裕子は、一瞬どうなったのか分からなかった。イカされると思っていたのに、直前で止められた。そしてしばらくの間、部屋が静まり返った。

「はぁ、はぁ……はぁ」

 沖村が部屋を出て行ったのだろうか? そう思った瞬間、また足をM字に開かされた。そして、膣が生暖かい物で一気に満たされたのだ。

「んぁぁぁ! はぁ、はぁ……あっ」

 大きく開いた膣口の形がゆっくりとした動きで規則正しく変形する。

「はあっ。あっ……あっ……あっ」

 大きな動きで、しっかりと奥まで入り込んでくる。その動きにあわせて、裕子の口から切なくも艶やかな喘ぎ声が漏れた。ねじ込まれるような感覚は裕子の理性を蕩けさせる。
 出してはいけないと思う喘ぎ声が自然と大きくなり、裕子が如何に感じているかを知らしめていた。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ