旦那の目の前で犯される私
旦那の目の前で犯される私
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
旦那の目の前で犯される私 第5章 ダブルベッドに三人で
(さあ。俺たちも寝室に行こう)
「な、何言ってるのよ。鎮男がいるのにっ」
(あの状態じゃ、居ても居なくても同じさ。それに、旦那に見られているほうが興奮するだろ?)
「きゃっ!」

 不意に体が持ち上げられた。お姫様抱っこされているのだが、裕子が宙に浮いているように見える。
 そして、そのまま裕子は鎮男が眠る寝室へと運ばれたのだった。

「だ、だめ……」

 ダブルベッドで鎮男が裕子に背を向けて寝ている。その横で身悶える。
 ブラジャーはベッドの横に落ち、白いパジャマのボタンは全て外されていた。両腕を敷布団に押し付けられながら、全身に重みを感じる。そして、透明な液体に濡れた乳首が重力に逆らって上に伸び、そこからチュパチュパといやらしい音を奏でていた。

 「んっ……んんっ。ぁっ、いやぁ……。はぁ、はぁ……んんっ」

 頭を左右に振って、その行為から逃れようとする。しかし、性感帯を弄られすぎた裕子には、すでに抵抗する力がほとんど残っていなかった。
 寝息を立てている鎮男がいつ起きるか分からない。乱れたパジャマで喘ぐ自分の姿を見たらどう思うだろう。一人でオナニーしていると勘違し、軽蔑されるだろうか。それとも、そんなに寂しかったのかと慰めてくれるだろうか?

「んぁぁ……。んっ、くぅぅ」

 勃起した乳首は伸びたままなのに、乳房が全体的に潰される。いやらしい胸の動きだ。それが見えない者によって弄られているのだと思うと、裕子は尚更興奮してしまうのだった。

「い……やぁ」

 体にかかる重みがなくなると、パジャマのズボンとパンティが独りでにずり落ち、脱げてしまう。抵抗しようとしたが、両足を強制的にM字に開かされた。

「ふぁぁっ!。やっ……だぁ。ぁっ、んんっ、んんん~」

 生暖かい感触にクリトリスが包み込まれ、引っ張られるような感覚とともに転がされた。その刺激に上半身を反らせ、シーツを握りしめる。

「はっ……あ」

 自然に陰唇が開き、クリトリスが揺れ動いているように見えた。ヒクヒクと痙攣する膣口から透明な愛液が滲み出て、お尻を伝ってシーツに滴り始めた。更には、その膣口がゆっくりと開き、中の様子が伺えるようになる。

「あっ。はぁ……な、中は……んんっ。んんっ、んっ、んっ」

 膣内を掻き回される感覚。Gスポットを押されるたびに、快感の渦が大きくうねった。
14
最初 前へ 11121314151617 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ