教室でカップルに……を、されてしまいました
教室でカップルに……を、されてしまいました
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
教室でカップルに……を、されてしまいました 第4章 気がつけば、喪失
 武田は両腕をわたしの背中に回して抱きしめたまま、そしてわたしのそこに自分の硬いものを当てたまま、腰を前後左右に動かし始めた。
 入口を、探っているんだ。
「ダメ! ダメダメダメダメ!」
 わたしは必死に叫んだ。
 抱きしめられているため、逃げられない。腰を後ろに引くが、その分武田が腰を前に突き出してくる。
 そして、武田はいきなり腰を突き上げた。
 ぬ。と音が聞こえたような気がした。
 その瞬間、わたしは激痛に叫んでいた。
「痛い!」
 ただ痛いだけで、なにがどうなっているのか分からない。でも、どうなっているのか想像はついていた。
 わたしの脚の合わせめから、壁を押し退けて、武田のものが、入ってしまったのだ。わたしの、身体の中に。
「初めてだったんだ」
 武田は、やさしい感じにささやいた。
 わたしは涙をこぼしながら、頷いていた。
「じゃ、ゆっくり動くからさ、安心しろ」
 武田はわたしの中に自分のものを入れた状態で、しばらくわたしを抱きしめ続けた。
 どれくらいそうしていたか、やがて、ゆっくりと動き始めた。
 膝を軽く屈伸させて、腰の上げ下げを始めたのだ。
 わたしの中で、武田の大きなものが動いている。
 それはなんとも不思議な感覚だった。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ