教室でカップルに……を、されてしまいました
教室でカップルに……を、されてしまいました
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
教室でカップルに……を、されてしまいました 第1章 え・・また?
 わたしの名前は村上史絵。
 高校一年生だ。
 今日も、文化祭の催し物企画担当として、放課後の教室に一人残っていた。最近連日だが、自分から立候補した係なのだから仕方がない。もう少しだけ、頑張らないと。
 他に誰もいない、しんと静まり返った教室だけれど、でもわたしの作業はまったくはかどらなかった。
 ここにいるとどうしても、昨日のことを思い出してしまうからだ。
 武田新治と須本春美とのことを。
 二人が、その……この教室で……いきなり……わたしがいるというのに……始めてしまったことを。
 ちょっと考えただけで、顔が赤くなる。
 いまだけではなく、授業だって、まったく集中出来なかった。
 当人であるあの二人は、どうして普段通りに平然としていられたのだろう。もとから勉強に集中するつもりなどないからかも知れないけど、でもやっぱりわたしには信じられないことだった。
 と、そんなことを考えていた時だった。
「だからそれはあ!」
「いいのそれで! 新治が間違ってるの!」
 廊下から、武田新治と須本春美の声が聞こえてきた。
 昨日と、同じだ。
 わたしの身体はぴくりと震えた。
 え?
 まさか……
 また……
 ガラリと音がし、後ろのドアから武田新治と須本春美が入ってきた。
 なにやら大声で楽しげに喚きながら、お互いの脇腹に肘鉄を食らわせ合っている。
 二人はカップルである。高校入学早々に、付き合い始めたらしい。
 既視感? と、そんな言葉が脳裏を廻った。二人が昨日のように、わたしの机の前に立ったからである。しらじらしく、さも偶然というように。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ